キャディーのアルバイト

喫茶店で働いて学べること

キャディーのアルバイト コーヒー屋さんでアルバイトをする場合、どんな心構えが必要だろうか。
先日、アルバイトを探している友人がこんなことを聞いてきました。
幸い私はコーヒー屋さんでアルバイトをした経験があるのでお伝えすることが出来ました。
コーヒー屋さんつまり喫茶店は大きな会社ではなく個人経営が多いものです。
それで店主つまりマスターの意向が店のすべてに反映されます。
例えばコーヒーの味です。
コーヒーは酸味のきいたものや苦いが強いもの、コクがあるもの、香りがとても良いものなど色々とあります。
ブレンドで飲みやすい味に仕上がっているものの味の方向性はいろいろあるので、それをマスターの好みで決定しているわけです。
それで必ずしも自分がおいしいと思うコーヒーがマスターも同意するおいしい味というわけでないということを教えてあげました。
そして軽食ですがこれもまたマスターの意向が色濃く反映されます。
マスターが店主なのですから普通のことです。
私が働いていたところではホットドッグを出していました。
しかしこのホットドッグ、はさまれているのはウィンナーではなくハムと卵焼きでした。
はじめて見たときは驚きましたが、食べてみるとものすごくおいしく味付けされていて常連客が毎回食べていくのも理解できました。
喫茶店でのアルバイトは楽しいことが多くまた、学べることも大変多くあります。
マスターが興味深い人であれば楽しさも倍増します。
それで喫茶店でのアルバイトはお勧めです。

Copyright (C)2022キャディーのアルバイト.All rights reserved.